前へ
次へ

英語学習は実際に使いながら行って行く

日本人が日本語を身に着けるとき、特に意識をして学んだりはしないかもしれません。
子供は話ができるようになるといつの間にか言葉を覚え、それなりに会話ができるようになります。
肯定文や否定文、過去や未来をどう表現するかなどの文法を細かく習うことはあまりありません。
一方英語学習においては文法をしっかり教えられてそれを身に着ける必要があるでしょう。
どう表現したら未来になり過去になるかを知らなければ英文などを読めません。
英語学習を行って行こうとするならできれば使う環境があると良いでしょう。
一番いいのは英語で生活している人と話をしたりメールなどでコミュニケーションをすることでしょう。
習ったことを日々実践的に使うことで文法を身に着けられるようになります。
使う場面が無いとせっかく理解して覚えてもその後どんどん忘れてしまって結局は使えなくなってしまいます。
学校などに通って学ぶのもいいですが、使い続けられる環境があるかどうかも考える必要があるでしょう。

Page Top